バドミントンスクールで楽しくプレー

ラケットとシャトルさえあれば、気軽に出来るバトミントンは人気のスポーツです。平成29年度全国での高校生の競技別加盟人数では、男子は5位、女子は3位という高い順位になる程です。大会に勝ちたいと思う方も、日頃のストレス解消されたい方もバドミントンスクールで汗を流してみてはいかがでしょうか。

長続きする秘訣

スクールや習い事でよくあるのが、長続きしない事です。どうすれば長続きするのでしょうか。その点、バドミントンは他の競技よりも良いところがあります。初心者の方でも1日、しっかり練習すれば、だいたいの方はラリーが続く様になります。これが重要で、他の競技の場合、下積みの練習が長く、他人と試合をする楽しみの前に挫折するケースがあるからです。ラリーさえ続く様になれば、次はあの人と、その次はあの人と、試合が出来るので、スクールで仲間が作りやすく、長続きしやすいです。

早い子で何歳くらいから?

早い子ですと3歳からバドミントンを始めている子もいるそうです。ただ、あまりに早過ぎるとお子さんが何をしていいかの理解が出来ないので、教える指導者がしっかりしている必要もありますし、上手くなるというよりかは、バドミントンに慣れるという意味合いが強くなります。他にも小中学生向けに「運動が苦手な子」向けのバドミントン教室があります。他のスポーツであまり上手に出来なくて自信を無くしている子、体力が少ない為に運動が続かない子、障害で上手く運動が出来ない子など、バドミントンを通して改善を図るスクールです。自信を持つことがチャレンジする事の原動力になるので、気が付いた時に早めに体験させてあげると良いです。

相場のお値段

気になるお値段ですが、おおよその小学生がスクールに通った場合の値段になります。月額2,000~3,000円程の週3~5回の練習です。これに用具購入費、試合への参加費、交通費、保険代、バドミントン連盟費などの諸経費を月にプラス2,000円程かかると覚悟した方が良いかと思います。成人の方が運動不足解消で行うスクールの場合ですと、月額4,000~5,000円程の週1~2回の練習です。試合や特別なレッスンも無ければ、これにプラスしてお金がかかるという事はないでしょう。

まとめ

手軽に行えて楽しく、運動量の多いバドミントンは老若男女を問わずに楽しめるスポーツだと思います。スクールに通って仲間を作るのも良いですし、ストイックに運動にのめりこむのも良いでしょう。バドミントンを通して、楽しく、健康であれば素晴らしいと思います。

Follow me!