これでスクール参加前の準備は万全!準備しておくべきスキー用品

スキー初心者さんに嬉しい、スキースクールの存在。最近では、レッスン付きのスキーツアーなども増え、以前より気軽に参加できるようになりました。しかし、何を準備しておけばいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。ここでは、スキースクールに参加する前に揃えておきたいスキー用品について紹介します。

レンタルを利用するのも手

スキースクールの中には、スキー用品のレンタルを行っているところもあります。例えば、スキー板やストックなどは、レンタル利用が可能なことも多いです。スクールで上達したら、これから毎年スキーに行く!という場合は別ですが、頻繁に滑るというわけではないのなら、借りるだけでも充分でしょう。 スキーウェアやスキーブーツも、一部貸し出しが行われています。しかし、自分の体にきちんと合ったものを選ぶ、という意味では、あらかじめ用意しておいた方がいいと言えます。また、手袋やゴーグルなど小物類になるとレンタルがない場合もありますので、スクールごとに確認しましょう。現地で買い揃えることも可能ですが、高く付いてしまうためあまりおすすめできません。

スキーウェアとスキーブーツの選び方

スキーウェアで最も重要なのは、何と言っても防寒機能。当たり前のことではありますが、保温性があり、水の染みない素材で作られていることが大事です。とは言え、スキーウェアとして売られているものであればこの条件は最低限満たしているはずですので、価格やデザインで選んでも問題ないでしょう。 スキーブーツに関しては、購入するのであれば必ず試し履きをすることをおすすめします。サイズ感などは普段履いている靴と同じで大丈夫ですが、足首からふくらはぎにかけてがっちりとホールドする形になりますので、長時間履くことを考えて、痛みや窮屈さがないかどうか確認が必要です。爪先に1cmほどの余裕があると快適に履くことができます。

インナーの選び方

インナーは、特に専用のものを用意する必要はありません。自分が温かいと思う服装で結構です。但し、あくまでスポーツですので、動きにくい格好は避けるべきです。おすすめはフリースやセーターですが、その下にさらにヒートテックなどを着ると温かく過ごせます。暑いのであれば脱げばいいだけの話ですが、一旦外へ出てしまうと逆はできません。滑っている間はよくても、自分の番が来るまでの待ち時間が長くて寒い…ということもありますので、寒さ対策はくれぐれも十二分に

小物類の選び方

手袋と靴下は、スキー用のものを用意しましょう。肌に直接触れる衣類なので、濡れてしまうと寒さと不快感で楽しい気分も台無しになってしまいます。うっかり毛糸の手袋なんかで雪山へ行くと、確実に後悔することになりますので、きちんと防水・透湿機能のあるものを選びましょう。 帽子は専用のものとまでは言いませんが、耳を隠せるものがおすすめです。寒くなると、耳は痛いほどに冷たくなります。自分で被る位置を調節できる、ニット帽などが理想的です。 ゴーグルは内側に熱がこもって曇りやすいため、曇り止め加工のされているものが安心です。安価なゴーグルはそうした加工が施されていないことがありますので、各自曇り止めスプレーを塗るなどして対策しておくといいでしょう。

プラスアルファで便利な防水スプレー

用意したスキー用品に忘れずに掛けておきたいのが、防水・撥水スプレーです。特に、濡れやすいウェアと、手袋に塗っておくと心配なくスキーを楽しめます。スプレーは、スクールに行く前に自宅で済ませておきましょう。臭いがありますので、ゲレンデに出てから使うと他の利用者の迷惑になる可能性があります。また吸い込むと体に害を及ぼすこともありますので、玄関先やベランダなど、通気性の確保された場所で使用するようにしましょう。