スクールのスイミングに通う事で心身ともに発育を促す

スクールのスイミングと聞くと、本格的に技術を身に付ける選手育成を思い浮かべる方もいますが、ベビースイミングやキッズスイミングなど、お子さんが小さいうちから水に慣れる事で、心身の発育を促す目的もあります。集団の中で過ごす事で自然とマナーや礼儀を身に付けたり、協調性や積極性を学ぶ事もでき、一人でスクールへ行かせるのが不安であれば親子スイミングなどのコースもあるので、小さなお子さんでも安心です。

ベビースイミングが出来るのは生後6ヶ月から

ベビースイミングに興味のあるママは、いつから習えるのか気になるでしょう。生後1歳くらいとの予想も多い中、意外に早く6ヶ月から参加できます。もちろんママやパパと一緒に参加するので安心ですし、水の中で抱っこされながらゆっくりと動いたり、上下に抱っこで上げたり下げたりで水から出たり入ったりの運動をしたりと、はじめはほとんど親が動く事になります。1歳を過ぎると腕に浮き輪を付け潜る事や、バタ足なども練習するようになるので、その後3歳からキッズスイミングに移行することもできます。

3歳から就学前は親子でも一人でも

3歳から就学前のお子さんで、一人でスイミングに行かせるのは不安だという場合や、一人で通うのは難しいというお子さんに向けて親子スイミングというコースもあります。親子で一緒にスキンシップを楽しみつつ、専門のコーチによるレッスンを受けられるので、お子さんの補助をしたりアドバイスをしたり、自分自身も体を動かしてすっきりする事ができます。また、一人でスイミングに通えるというお子さんはキッズスイミングでレッスンを受ける事もできるので、最初は親子一緒で途中から一人でキッズスイミングに切り替えるのもいいでしょう。

運動能力以外にも効果がある

スイミングを習うと、身体のバランスが良くなり運動能力もあがります。しかしそれだけでなく、喘息の症状を改善する効果や風邪などへの免疫力を向上させる効果も得る事ができます。他にも少々落ち着きがなく大人しく人の話を聞けない子や、いつも親の後ろに隠れてばかりの子がスイミングを続ける事で一人でもしっかり挨拶ができるようになっていくなど、心身共に成長する事が期待できます。

まとめ

スイミングには生後6ヶ月のまだ歩く事もできない赤ちゃんでも、浮力によってしっかり運動ができる点や、先述の通りに様々な心身への効果がある事が医学的にも注目されています。お子さんの発達障害に悩む人が医師のすすめにより通い始める事も少なくないのです。一緒に通う保護者にもストレス解消の効果があるなど、親子共に嬉しい変化がありますので、迷っている人は先ずは体験から試してみて下さい。