実は親しみやすい!乗馬をスクールで体験してみましょう

乗馬というと、余裕のある暮らしをするような人の為の趣味なのでは…というイメージが出やすいのですが、近年、習い事の一つとして乗馬をスクールで学ぶ人が増えています。お子様の習い事から資格の取得を目指す方まで、様々な目的で通える乗馬スクールの魅力をお伝えします。

乗馬の魅力と楽しみ方

乗馬は、他にはない動物と一緒に楽しめるスポーツです。馬術競技という馬術を競う競技で大会を目指して乗馬を行なう方もいますが、気軽に始められる趣味、スポーツとしての乗馬は近年人気が高くなっています。乗馬はただ馬に乗っているだけではなく、姿勢を保つ為に体中の色々な筋肉を使います。慣れるまで少し乗っているだけでもきつく感じる人がいるくらいです。しかし、続けていけば筋力のアップ、シェイプアップ効果も期待できますし、基礎体力をつける為にもなります。健康維持にもいいですね。また、騎乗する技術を学ぶだけではなく馬と触れ合うことで癒しになることや、お子さんには情操教育になります。たくさんの魅力がある乗馬はたくさんのいい効果を得られるのです。

スクールではどのようなことができるのでしょう?

乗馬のスクールが近くにあれば、多くのスクールで開催されている一日体験などに参加してみることをおすすめします。スクールによって多少の差はありますが、大まかに馬とのふれあいや、実演を見せてもらえたりします。実際に馬に乗せてもらえます。気になればぜひ行ってみてください。では、実際に入会すればどのようなことができるのかといいますと、まず乗馬の技術を学ぶことですが、ただ単にレッスンで馬に乗るだけではありません。馬とコミュニケーションをとる為に触れ合い、また、レッスンの後にはお世話をすることもあります。このような体験はとても大切な時間となるでしょう。他にも、乗馬ライセンス取得を目指すためのコースが設定されているスクールもあります。座学と実技がセットになったコースで、馬についての知識と技術を十分に知って学べることになります。

スクールで乗馬を習うメリット

さて、年齢性別に関係なく楽しめる乗馬ですが、特にお子さんの習い事としての人気が高まっています。お子さんにとっての乗馬を習うメリットとは何かといいますと、心優しい穏やかな馬たちと触れ合うことで、馬を思いやる気持ち、つまりは相手を思いやる優しい心が育っていきます。また、馬と心を通わせ自分の思った通りに動かせた時にはお子さんにとって自信になることでしょう。そして、精神面だけではなく、意外と筋肉をつかう乗馬ですから、体力を向上させることに繋がります。また、馬に乗りながらまっすぐに姿勢を保たなければいけませんので、姿勢の矯正にも効果があります。このように、馬との触れ合いだけではない、お子さんの習い事としておすすめしたい色々なメリットがあるのです。

乗馬のスクールをおすすめするまとめ

乗馬は、近年広く人気が出てきているスポーツです。筋力強化、健康維持、シェイプアップと色々な目的でスクールに通われる方が増えています。もちろん、可愛い馬との触れ合いを楽しみにしている方もいます。お子さんの習い事としても、体力づくり、情操教育の一環としておすすめします。

全国の空手スクールには女性たちが激増中!

空手というと皆さんどんなことを想像しますか?格闘技、武術、殴り合い、護身術、とこんなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし時代は変わり、空手はスポーツとしてもニーズが高まっており、また女性の美容に一役も二役も買っているのをご存知でしょうか。 そんな女性たちの間で話題になっているのが空手のスクールです。現在エステのように痩身や、美容目的で通う女性も多いと聞きます。一体空手がもたらす美容の効果の秘密とはどんなものなのでしょう。

理にかなった空手の美容効果

空手の試合(特に女性の)を見ると、その均整の整った身体に引き付けられます。またテレビの格闘技でも、その基礎に空手がある人と、そうでない人の差は歴然としています。それは何故か!?空手に筋力トレーニングは欠かせません。 腕立て伏せや、腹筋、背筋など身体の中心を支える体幹トレーニングを行なうことで、全身のバランスが整えられ、無駄な贅肉がやがて筋肉へと生まれ変わります。すなわち理想的なダイエット効果が得られるのです。 それに加え実践のトレーニングでは、キックや、突き、特にキックは腰のひねりが重要になってくるので自然と腰回りが締まってくるのです。

バリエーション豊富で女性にも優しい空手スクール

現在巷では様々な空手のスクールが展開しているようです。それぞれ個性が豊かで、バリエーションも様々。昔の殺伐とした空手道場はそこにはありません。スタイリッシュで、女性が参加しやすいような工夫が凝らされています。2、3の一部のスクールを覗いてみましょう。

ヨガも学べる

都内にある某空手のスクールは空手と同時にヨガも学べるとあって女性の姿が目立ちます。30代の女性にお話を伺うことができました。「初めは不安だらけでしたが、空手とヨガは共通点が多く、特に新陳代謝の向上、呼吸法、ホルモン分泌の促進などアンチエイジングにいいことだらけで、今は心身ともに充実しています」と喜ぶ人たちもいます。

女性が主役?

7割が女性!という渋谷にある空手スクールでは、前評判通り圧倒的な女性の数です。その女性たちの肌は艶々と活き活きしています。先にお話した教室にも共通しているのは、空手は汗をかくことで新陳代謝が盛んになるということです。女性にありがちな便秘も解消され肌が綺麗になるのですね。

女性も安心の女性指導員

もう一つは某民放テレビのドラマにも出演したことがある指導員がいる、日本橋にあるスクールです。緑に囲まれた閑静な地域にあるこのスクールは女性指導員が中心になって教えてもらえるので気持ち的にも安心してレッスンを受けることができます。 アメリカ流の斬新で、効果的なスポーツトレーニングがメインで海外からも多くのお弟子さんたちが通ってきています。

空手は万国共通

空手は日本が発祥ではなく、実は中国がその源になっています。型も時代と共に改良が加えられ、エクササイズ的な動きも女性たちを取り込む原動力となっています。いずれにしても女性の社会進出同様、これから益々空手のスクールはアクティブな女性達で埋め尽くされることでしょう。

大人が参加できるベースボールスクールの実体とは?

素人も体感したくなる筋書きのないドラマ 野球は、プロ、アマチュアを問わず、9回の裏まで何が起こるかわからない筋書きのないドラマです。男の子は勿論、最近は女の子もどんどん野球の世界に飛び込んできています。野球を始めるなら子供のうちから、というのは過去の話です。 今、大人たちを対象にした野球のスクールが話題を呼んでいます。本格的にアスリートのような野球を目指すのではなく、本当に気の合った仲間同士が趣味で始められるスクールもあるのです。

目的別で選べる多様性

現在野球教室を開催しているのは多岐に渡っています。意外性では大手の学習塾の参入も新鮮です。畑違いと思われがちですが、さすが教えのプロ集団です。元プロ野球選手や、コーチによる本格レッスンがとにかく上手いのです。初心者にも丁寧なアドバイスが好評を得ています。また草野球経験者で作る、もっと肩の力を抜いて野球そのものを楽しみたいという人達が気軽に参加できる練習を中心にしたスクールも存在します。そこには楽しくて仕方がないという大人たちの笑顔が満ち溢れています。 少年向けの野球教室に比べれば数は少ないですが、社会人に付き物の人間関係の悩みや、ストレス等が野球を通じて解消されていくのを実感している大人たちも沢山います。このようにベースボールスクールは、目的別で選べるので余計なプレッシャーを感じずに始められるのが魅力です。

大人の野球教室 その内容は?

野球スクールの資料には非常に目を奪われる事が書いてあるものもあります。レッスンする場所は「自由」、つまりあなたが今いる場所、または自分のお気に入りの公園などでも、ボールが使える場所ならどこでもスクールに早変わりできる、といった内容です。 もう一つは趣味を目的として野球を教えてくれる草野球チームは、特例を除き、月会費を取っていないというところもあります(グランド代を皆で割り勘している)。自由気ままに参加できるので近くを散歩する感覚で初めてみてもいいのではないでしょうか。

一日野球教室

数少ない大人向けの野球教室の中で、「これは!」というのを見つけました。入会費も、月会費もかからない、しかも日にちも、時間も好きな時に行くことができる業界初の野球教室です。ただし一日だけのマンツーマン指導になります。 動作解析とった新しいコンセプトで個人個人にあった正確なバッティングフォームや、ピッチングなどが無理なく身に付けられます。こちらはどちらかといえばアスリート的な野球を求めたい人には是非おすすめしたい教室です。料金は個人レッスンであれば12000円から60000円となっています。

まとめ

成人が通える野球のスクールはまだまだ少数です。しかし現在の過酷なストレス社会では子供たちより、大人たちにこそ、こういったスポーツを通じての教室が必要になってくるのではないでしょうか。何故なら野球を始めとする団体スポーツは、社会生活を営む上で役に立つことばかりだからです。

スクールに通って合気道を学ぼう

合気道とは技を通じて心身を鍛えられる日本の武道のうちの一つで、習い事としての人気も高い為子供から大人まで学んでいる人が多くおられます。合気道とはどのようなものなのか、練習は何をするのか?スクールで合気道を習う際に知りたいことをいくつか挙げていきます。

合気道とはどのような武道なのですか?

合気道は昭和初期ごろに武道家が創始した、体術を主とする比較的新しいといえる武道です。概要としては、体を合理的に動かした技を使うことで体格や力の強さに関係なく、例えば自分よりとても大きな相手の動きを、怪我をさせるわけではなしに制することができるような技を習得できるのが特徴です。こちらから攻撃をしていくのではなく、相手が向かってくる力を利用した防御や返し技が主な技になっています。他にも、呼吸法と呼ばれる独特の力の使い方の稽古もされています。

合気道を学べるスクールはどんなところでしょうか?

合気道とは何かを理解したら、習い事として始めてみたい、という方は次に知りたいことがいくつもあると思います。ここでは、その中から幾つかの疑問について説明します。まず、始める年齢です。お子さんから大人の方まで、いつでも始めることが出来ます。例えばお子さんが習い始めてお母さんも一緒に習い始めた、という方だっています。興味を持ったらその時が始め時です。また、他に運動をしたことがない、体力に自信がないという方でも大丈夫です。合気道は無駄を省いた合理的な体の動かし方を学ぶことができます。最初はやさしい受け身や簡単な技から始められますし、激しく攻撃をし合う稽古をするということもありません。技をかける稽古や受け身が中心となりますので、体力に自信がなくてもゆっくりと続けていけます。そして、始めるにあたり揃えなければいけない道具は多くありません。道着と帯のセットだけで始められることがほとんどです。

試合はあるのでしょうか?

他の習い事でもそうですが、日頃の稽古に加えて大会や試合はあるのか、気になりますね。実は、合気道には多くの道場で試合というものが行なわれていません。合気道の精神として攻撃を仕掛け勝ち負けを競うことには繋がらないからです。ただし、道場によっては試合を開催しているところや、演武という、技の綺麗さ正確さを披露する会を開いたりしている道場などもありますので、それぞれといえます。力の強さより心の強さを重んじる合気道では技自体の正確さや綺麗さ、心身の動作を大事にして稽古に励むことが第一となっているのです。このように、合気道を始めることはそんなに難しいことではないのです。近くの道場やスポーツセンターなどで行なわれているスクールにぜひ一度見学に行ってみてください。興味を持てたら、ぜひ挑戦してみましょう。 合気道は攻撃する技ではなく受け身や返し技などが中心となる武道です。心と体の使い方を道場やスクールで学んでみることは、心身の強さを身に着けることに繋がります。お子さんから大人の方まで、おすすめできる武道です。

スクールでゴルフを習う方は初心者から経験者まで

スクールに通ってゴルフを習う人には、初心者で初めてクラブを握る、何度もプレーしていて「もっとスコアを上げたい」など、様々います。その為にスクール側は、レッスンのレベルを何種類も用意して、色々なレベルに対応できるように準備しています。ゴルフのレッスンは室内で行うので、雨の日でも一年中気にせずレッスンが受けられることがメリットです。

レッスンの内容にテーマを決めて受けられる

スクールでゴルフを習うと、打ちっ放しへ行きただただクラブを振り続けるのと違い、毎回テーマを決めてレッスンに望むことができます。その日のレッスンでは習得できなかった内容は、次の回でもう一度学ぶ事もできるので、焦る事なく自分のペースでしっかり技術を習得する事が可能です。

クラブを持っていなくても大丈夫

ゴルフに興味はあっても、まだ道具も揃えていないという人でも安心の、手ぶらでレッスンを受けるコースもあります。会社帰りや休日などに何も持たずにスクールへ来て、クラブの握り方から学べるので便利です。全くの初心者でも徐々に慣れていくことでゴルフの楽しさを知り、いずれはラウンドに出ることを目指すのもいいでしょう。

ラウンドやコンペ

室内でのテーマ別のレッスンを受け進めると、ゆくゆくはラウンドを回ったりコンペに参加したりする事もできます。コンペに出て思うように結果が出なくても、そこからはどのようにすればスコアが伸びるようになるか、引き続きレッスンで技術向上に努める事ができるので、また次のコンペの時には前回よりも成長した自分を感じることができるようになります。

都合が悪い時でも別の日に

スクールに通い始めると、どうしても毎週何曜日はゴルフに行かなくてはならないと思ってしまいます。しかし、外せない用事が入る事もある為、予定変更しなくてはならない時に困るからとスクールを躊躇する方もいますが、振替でレッスンを受ける事もできるので、仕事などで休んでもまた自分のペースで再開が可能です。

まとめ

ゴルフに興味がある人は女性でも意外と多いですが、やはり道具を揃えるとなるとそれなりに費用もかかるので、なかなか踏み込めないという人も多いです。そこでスクールに通うという選択をすると、道具を最初から揃える事なくレッスンを受け、ラウンドへ出られるようになってからクラブのセットを購入する事できます。

大人だからこそ始めたいスクールで学ぶサッカー教室!その効果を体感

サッカー教室と言えば、「子ども」というようなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。サッカーは万国共通、オールラウンドのスポーツです。年代に関係なく誰でも楽しめる理想的なスポーツではなのです。 サッカースクールも少年や、少女向けだけでなく、40代からの中年の人たちも参加できるスクールが沢山あります。そういった大人たちが日頃忘れかけている、夢中ということを教えてくれる大人向けのサッカースクールが注目されています。そこでは少年少女に帰った大人たちの、生き生きとした純粋さに巡り合えます。

費用は子どもたちと大差はない

最初に、大人のサッカースクールにかかる費用についてです。少年たちが通うスポーツ少年団、或いはクラブチームにかかる費用は凡そ、それぞれ月謝が二千円から五千円、入会金が一万円前後というのが相場です。それに対して、シニアや中年の皆さん向けのスクールも大体一万円前後と大差はありません。 しかしサッカーを始める目的が、運動不足解消や、ストレス解消と言った本格的な動機でなければ、千円という格安な値段で参加できるスクールもあります。この値段の差の違いはプロのコーチによる指導が受けられるところと、アマチュアで本当にサッカーが好きな仲間で作るサークルの違いだけです。 どちらにするかは皆さんの目的に沿う形で参加して頂ければいいのではないでしょうか。

サッカースクールに通う利点とは?

①知り合いの輪が広がる 大人になっても人と接するのが苦手な人は沢山います。サッカーは、チームワークが問われるスポーツの一つです。パスワークは相手との絶妙なコンビネーションが不可欠。スクールで培った相手との身体でのコミュニケーションは人間関係を潤滑にしてくれます。

②ストレスが解消される 現代人はストレスに苛まれることが昔に比べ、遥かに大きいです。運動不足の解消はストレス解消に大いに役立ちます。特にサッカーで無心にボールを追いかけることは嫌なことも忘れさせてくれるので、大変理にかなったストレス解消法でしょう。

③向上心アップに一役 長くスクールに参加している人の中には、最初初心者向けの受講をしていた人も少なくありません。しかし段々と自信が付き、体力もついてくると、もっと上手くなりたいという向上心が芽生えてきます。こういった点もスクールに通い続けることで心が充実してくるのです。

初心者でも大丈夫 後は…

あるサッカースクールに通う40代の人はサッカー経験ゼロでした。運動神経にも自信はなくどちらかと言えば運動音痴のほうでした。そんな人が奥さんに勧められたのをきっかけに勇気を出して参加し、今では試合にも出られるほど上達していらっしゃいます。サッカースクールはJリーグを目指す少年たちだけでなく、大人たちにも輝きを提供できる最高の居場所ではないのではないでしょうか。

スクールへ通ってテニスを習う事で得られるもの

お子さんをスクールへ通わせテニスを習わせている人は多くいます。その理由は様々ですが必ずしも直接テニスがなって欲しいからという事ではないのです。テニスを習う事で運動能力自体が向上したり、集団生活の中でのマナーなどを学んだりできる事も、スクールへ通う目的の一つです。テニスを通じて心身共に成長を願っているのが本音と言えます。

運動神経が発達しやすい年齢

運動神経がもっとも発達しやすい年齢というのがあり、それは5歳から12歳くらいまでと言います。その為この時期に何かスポーツをやっていれば、その競技に限らずお子さんの基本的な運動能力が伸びてくれるのです。そこでテニスを選ぶ理由としては、リズム感反射神経に予測する能力や距離間隔など、運動に必要な能力を身に付けられるからという理由があります。

運動神経が良いということ

運動神経がいいというのは、スポーツが上手にできることではなくて「自分の体を上手くコントロールする力がある」という事です。その為コントロールが上手くなるためには神経と筋肉が上手く連動するようになる必要があり、テニスによってそれを身に付けることができます。テニスには前述の通り、リズム感を養う事や相手の動きに“予想して動く”ように反射能力を養う効果があるので、神経と筋肉の伝達がスムーズにいくような訓練が自然とできていくのです。

あいさつを大切にする

スクールに通いテニスを始めても、特に小さなお子さんは最初からラケットを握り技術を身に付けるのではなく、先ずは大きな声でのあいさつからはじまります。あいさつをしたらみんなでランニングをして準備体操、そして遊びを取り入れながら徐々にテニスに役立つ能力を身に付けていき、始めは柔らかなスポンジのボールをラケットに乗せ、落とさないようにするところからスタートします。それができたら基本的な打つ練習などを重ね、柔らかいボールでのゆっくりのラリーをするという、楽しみながらテニスに慣れていく事ができるレッスン内容です。上達してくると本格的なレッスンもできるので、テニスをしっかり学びたいお子さんたちにピッタリです。

まとめ

最初は技術よりもあいさつなどの基本的な集団生活でのルール、マナーを身に付けます。その中で徐々に一緒にスクールへ通うお友達との協調性も学んでいき、テニスそのもののレッスンでは運動能力を高める事ができる、まさに運動神経を発達させるためにぴったりのスポーツです。

バドミントンスクールで楽しくプレー

ラケットとシャトルさえあれば、気軽に出来るバトミントンは人気のスポーツです。平成29年度全国での高校生の競技別加盟人数では、男子は5位、女子は3位という高い順位になる程です。大会に勝ちたいと思う方も、日頃のストレス解消されたい方もバドミントンスクールで汗を流してみてはいかがでしょうか。

長続きする秘訣

スクールや習い事でよくあるのが、長続きしない事です。どうすれば長続きするのでしょうか。その点、バドミントンは他の競技よりも良いところがあります。初心者の方でも1日、しっかり練習すれば、だいたいの方はラリーが続く様になります。これが重要で、他の競技の場合、下積みの練習が長く、他人と試合をする楽しみの前に挫折するケースがあるからです。ラリーさえ続く様になれば、次はあの人と、その次はあの人と、試合が出来るので、スクールで仲間が作りやすく、長続きしやすいです。

早い子で何歳くらいから?

早い子ですと3歳からバドミントンを始めている子もいるそうです。ただ、あまりに早過ぎるとお子さんが何をしていいかの理解が出来ないので、教える指導者がしっかりしている必要もありますし、上手くなるというよりかは、バドミントンに慣れるという意味合いが強くなります。他にも小中学生向けに「運動が苦手な子」向けのバドミントン教室があります。他のスポーツであまり上手に出来なくて自信を無くしている子、体力が少ない為に運動が続かない子、障害で上手く運動が出来ない子など、バドミントンを通して改善を図るスクールです。自信を持つことがチャレンジする事の原動力になるので、気が付いた時に早めに体験させてあげると良いです。

相場のお値段

気になるお値段ですが、おおよその小学生がスクールに通った場合の値段になります。月額2,000~3,000円程の週3~5回の練習です。これに用具購入費、試合への参加費、交通費、保険代、バドミントン連盟費などの諸経費を月にプラス2,000円程かかると覚悟した方が良いかと思います。成人の方が運動不足解消で行うスクールの場合ですと、月額4,000~5,000円程の週1~2回の練習です。試合や特別なレッスンも無ければ、これにプラスしてお金がかかるという事はないでしょう。

まとめ

手軽に行えて楽しく、運動量の多いバドミントンは老若男女を問わずに楽しめるスポーツだと思います。スクールに通って仲間を作るのも良いですし、ストイックに運動にのめりこむのも良いでしょう。バドミントンを通して、楽しく、健康であれば素晴らしいと思います。

スクールのスイミングに通う事で心身ともに発育を促す

スクールのスイミングと聞くと、本格的に技術を身に付ける選手育成を思い浮かべる方もいますが、ベビースイミングやキッズスイミングなど、お子さんが小さいうちから水に慣れる事で、心身の発育を促す目的もあります。集団の中で過ごす事で自然とマナーや礼儀を身に付けたり、協調性や積極性を学ぶ事もでき、一人でスクールへ行かせるのが不安であれば親子スイミングなどのコースもあるので、小さなお子さんでも安心です。

ベビースイミングが出来るのは生後6ヶ月から

ベビースイミングに興味のあるママは、いつから習えるのか気になるでしょう。生後1歳くらいとの予想も多い中、意外に早く6ヶ月から参加できます。もちろんママやパパと一緒に参加するので安心ですし、水の中で抱っこされながらゆっくりと動いたり、上下に抱っこで上げたり下げたりで水から出たり入ったりの運動をしたりと、はじめはほとんど親が動く事になります。1歳を過ぎると腕に浮き輪を付け潜る事や、バタ足なども練習するようになるので、その後3歳からキッズスイミングに移行することもできます。

3歳から就学前は親子でも一人でも

3歳から就学前のお子さんで、一人でスイミングに行かせるのは不安だという場合や、一人で通うのは難しいというお子さんに向けて親子スイミングというコースもあります。親子で一緒にスキンシップを楽しみつつ、専門のコーチによるレッスンを受けられるので、お子さんの補助をしたりアドバイスをしたり、自分自身も体を動かしてすっきりする事ができます。また、一人でスイミングに通えるというお子さんはキッズスイミングでレッスンを受ける事もできるので、最初は親子一緒で途中から一人でキッズスイミングに切り替えるのもいいでしょう。

運動能力以外にも効果がある

スイミングを習うと、身体のバランスが良くなり運動能力もあがります。しかしそれだけでなく、喘息の症状を改善する効果や風邪などへの免疫力を向上させる効果も得る事ができます。他にも少々落ち着きがなく大人しく人の話を聞けない子や、いつも親の後ろに隠れてばかりの子がスイミングを続ける事で一人でもしっかり挨拶ができるようになっていくなど、心身共に成長する事が期待できます。

まとめ

スイミングには生後6ヶ月のまだ歩く事もできない赤ちゃんでも、浮力によってしっかり運動ができる点や、先述の通りに様々な心身への効果がある事が医学的にも注目されています。お子さんの発達障害に悩む人が医師のすすめにより通い始める事も少なくないのです。一緒に通う保護者にもストレス解消の効果があるなど、親子共に嬉しい変化がありますので、迷っている人は先ずは体験から試してみて下さい。